/

よつ葉乳業、ハラル事業でマレーシア政府機関から表彰

よつ葉乳業(札幌市)は、マレーシア政府機関のハラル開発公社(HDC)からイスラム教の戒律に沿うハラルの発展に貢献したとして表彰を受けたと発表した。日本企業の受賞は2例目という。非イスラム教徒(ムスリム)が多い日本で、ハラル認証を受けた商品を製造したことなどが評価された。

よつ葉乳業はムスリム市場の拡大を見込み、2014年からハラル認証の取得を始めた。在日ムスリムの需要や海外への輸出拡大をにらみ、9月からはハラル食品であることを明示するロゴマークが入った商品を販売している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン