/

神奈川県営住宅の入居要件緩和 60歳未満単身者も

神奈川県は県営住宅の入居申し込みの対象に60歳未満の単身者を新たに追加する。収入が基準を下回るなど一定の要件を満たす必要がある。就職氷河期世代など比較的年齢が若くても非正規雇用者などの間で生活不安が広がっていることに対応する。

11月の定期募集の県営住宅計800戸のうち単身向けは350戸で、このうち100戸を対象として60歳未満の入居者を受け入れる。県は条件緩和に際して県営住宅条例などを改正し、県内に6カ月以上居住するという要件もなくした。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン