/

この記事は会員限定です

三井物産、「隠れ上方修正」にみるバフェット買いの理由

証券部 田辺静

[有料会員限定]

米著名投資家、ウォーレン・バフェット氏が率いる米バークシャー・ハザウェイが投資対象としたことで注目が高まった大手総合商社の2020年4~9月期決算。蓋をあけてみれば丸紅を除く4社が21年3月期通期の連結最終損益見通しを据え置く、控えめな内容だった。ただ目を凝らしてみると、キャッシュフローの見通しを上方修正した企業がある。三井物産だ。

「三井物産の株価下落は解せない」。SMBC日興証券の森本晃シニアアナリストは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1569文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン