/

この記事は会員限定です

勝者バイデン氏が肝冷やす旧友、習近平氏からの挑戦状

編集委員 中沢克二

[有料会員限定]

米大統領選挙で民主党候補ジョー・バイデンの当選が確実になったことで、中国・北京ではある伝統料理の店が話題になっている。下町の鼓楼に近い老舗「姚記炒肝店」である。一押し料理は豚の肝臓や腸を煮込んだ北京庶民のソウルフード「炒肝(チャオガン)」だ。

ここは今から9年前、米副大統領だったバイデンが訪中した際、孫娘のナオミを伴ってランチを楽しんだ交流の場所である。当時の国家副主席だった習近平(シー・ジンピン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3398文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

習近平帝国の暗号 2035

著者 : 中澤 克二
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 1,980円 (税込み)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン