/

この記事は会員限定です

筑波銀行頭取「本業支援に軸足」 拠点削減は前倒し

[有料会員限定]

茨城県を地盤とし、合併による誕生から10年が過ぎた筑波銀行。合理化を進める中でも低金利や人口減の逆風は続き、外部ではSBIグループによる地銀出資など新たな再編も広がる。コロナ禍に悩む地元企業への対応も課題だ。生田雅彦頭取に現在の状況や今後のかじ取りを聞いた。

――2020年4~9月期の純利益見通しなどを上方修正しました。「コロナ融資」の影響は出ていますか。

「上期に有価証券関係の損益が良かったことや経費削...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1152文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン