/

この記事は会員限定です

バイデン氏、対中国で正念場の国際協調

米国の難路 バイデンの選択(下) 中国総局長 高橋哲史

[有料会員限定]

米大統領選の開票が続いていた4日夜、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が電話した相手はイタリアのマッタレッラ大統領だった。

「中国は引き続きイタリアを支援する用意がある」。習氏が新型コロナウイルス対策で援助を申し出ると、マッタレッラ氏は「最も困難なときに中国は我々を助けてくれた」と謝意を示した。

自由と民主主義を掲げる主要7カ国(G7)のイタリアが、強権的な一党支配を貫く中国に引き寄せられる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1034文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン