/

この記事は会員限定です

第一三共・真鍋社長兼CEO「パンデミック対応が使命」

世界経営者会議

[有料会員限定]

第一三共の真鍋淳社長兼最高経営責任者(CEO)は10日、第22回日経フォーラム「世界経営者会議」で講演し、新型コロナウイルス下で「製薬会社として、パンデミック(世界的大流行)や薬剤耐性(AMR)に対応していく」と話した。新型コロナワクチンでは米ファイザーが臨床試験(治験)で90%の有効性があったことに触れ、「極めて有効率が高く、革新的だと思う」と期待を示した。

真鍋氏は「今直面している社会の持続的な成長を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り651文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経営者会議

日本経済新聞社はスイスのビジネススクール「IMD」、米ハーバード・ビジネス・スクールと共同で11月9、10日に東京都内で第23回日経フォーラム「世界経営者会議」を開いた。テーマは「世界経済再興と新常態の経営」。新型コロナウイルス禍を踏まえ、オンラインとリアルを組み合わせたハイブリッド開催だった。

特設ページ プログラム(アーカイブ)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン