/

この記事は会員限定です

本格的なラニーニャで冬の寒さは厳しく?

編集委員・気象予報士 安藤淳

[有料会員限定]
■天気のなぞ 立冬を過ぎ、日本の上空に強い寒気が流れ込むようになった。東京では3年ぶりに「木枯らし1号」が観測され、北日本では雪が積もりだすなど順調に季節が進む。寒さの背景には熱帯太平洋でラニーニャ現象が鮮明になり、大気の流れに影響を及ぼしていることもありそうだ。ラニーニャは春先まで続き、新型コロナウイルスなどの感染が広がりやすい厳しい冬になる可能性がある。

日本列島はこの冬一番の寒気が通過し、札幌...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1038文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン