/

トルコ大統領、財務相の辞任を承認

(更新)

【イスタンブール=木寺もも子】トルコ大統領府は9日、8日夜に自身のインスタグラムで辞意を表明した娘婿のアルバイラク財務相について、エルドアン大統領が辞任を認めたと明らかにした。10日未明の官報によると、後任は開発相などを務めたリュトフィ・エルバン氏に決まった。

エルドアン大統領(左)と辞任した娘婿のアルバイラク財務相(右)(2019年6月、イスタンブール)=ロイター

大統領府が声明を発表したのはアルバイラク氏の突然の辞意表明から丸1日がたった後で、エルドアン氏は日中の演説ではこの問題に言及しなかった。主要政権系メディアも辞意を報じていなかった。政権内部で辞任を巡る混乱があった可能性がある。

財務省中枢に近い関係者は取材に対し、エルドアン氏が7日未明に行った中央銀行総裁の交代劇について、アルバイラク氏が事前に相談されていなかったようだと明らかにした。新総裁のアーバル氏はアルバイラク氏との不仲が知られる。

アルバイラク氏は2018年以来財務相を務め、政権の事実上のナンバー2として強い影響力を振るってきた。辞意表明を受けて外国為替市場ではリラが買われ、9日は対ドルで一時、前週末比6%超値上がりした。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン