/

首相と連合会長が初会談へ 雇用回復策で意見交換

菅義偉首相と連合の神津里季生会長は10日にも官邸で会談する方向で最終調整に入った。関係者が9日、明らかにした。首相就任後、両氏が会うのは初めて。新型コロナウイルス禍で落ち込んだ雇用状況の回復策について意見を交わす見通しだ。

連合は、立憲民主党の最大の支持団体。神津氏は連合と首相の政策協議「政労会見」復活を求めており、話題に上る可能性もある。

これに先立ち、神津氏は9日夜、自民党の二階俊博幹事長と東京都内のホテルで会食した。首相の政権運営や雇用情勢に関して話し合ったとみられる。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン