/

この記事は会員限定です

ソフトバンクG、上場株に2兆円 投資先多様に

(更新) [有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)が投資会社として再始動する。9日、9月末時点で米上場ハイテク株など2.1兆円分を保有していることを明らかにした。人工知能(AI)関連のユニコーンに集中してきた投資戦略を修正し、多様な投資先に資金を投じる総合的な投資会社を目指す。

「一言で言えば、情報革命への投資会社になった」。同日記者会見した孫正義会長兼社長はSBGの存在意義について語った。

3月以降、4.5兆円の資産売却策に伴い、通信...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1011文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン