/

この記事は会員限定です

新来島どっく「瀬戸内で相乗効果」 サノヤスから取得

[有料会員限定]

新来島どっく(東京・千代田)は9日、サノヤスホールディングス(HD)から造船子会社の全株式を譲り受けると発表した。国内造船各社は中韓勢との競争激化で厳しい経営環境が続き、新型コロナウイルス感染拡大が追い打ちを掛ける。瀬戸内海周辺で造船所を持つ両社の集約で、環境対応の技術開発や資機材調達でスケールメリットを出し、生き残りを狙う。

サノヤスHDは2021年2月末に子会社のサノヤス造船を新来島どっくに100万円で売...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り754文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン