/

情報通信産業、育成の場に 香川県に新拠点開業

香川県が情報通信交流館「e―とぴあ・かがわ」の設備を改修して準備を進めてきた情報通信産業の育成拠点「Setouchi-i-Base(セトウチ・アイ・ベース)」が開業した。プログラミング講座や人材交流イベントを実施し、起業や第2創業につなげる。企業集積が弱い情報通信産業を底上げし若者が働く場の創出につなげることで、県内定着を促す。

セトウチ・アイ・ベースは、JR高松駅近くの高松シンボルタワー内に位置し、7日に開業した。個人や法人が会員登録して利用できるだけでなく、滞在時間に合わせて一時利用することもできる。個人の一般会員は月額8000円。

コワーキングスペースには1人席やミーティング席など約110席を設けた。3Dプリンターやレーザーカッターなどの機器も導入し、試作品などの製作ができる環境を整えた。

香川県は人材の県外流出に歯止めをかけるためには、情報通信産業の育成・誘致が必要としている。新拠点の開設により若者の県内就業を促したい考えだ。

情報通信産業に携わる人材の育成を進めるため、アプリ開発講座や起業家精神養成セミナーなどを開催する。常駐スタッフが利用者の交流を促すイベントなどを企画し、起業アイデアの醸成を促す。経営者などがアドバイザーに任命されており、定期的に情報交換する場を設ける。

NTTドコモ四国支社は、次世代通信規格「5G」を活用したデジタル技術をセトウチ・アイ・ベースで展示している。技術を体感してもらうことでイノベーションを起こすきっかけとしてもらい、社会実装につなげていきたい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン