/

この記事は会員限定です

中国再エネ、風力も海外へ ゴールドウインドが攻勢

[有料会員限定]

コストに強み、欧州勢追う

【広州=比奈田悠佑】風力発電機で中国最大手の新疆金風科技(ゴールドウインド)が世界市場の開拓を本格化する。政府支援を背景に強い価格競争力を持ち、中央アジアなどで受注を伸ばし始めた。再生可能エネルギーへの投資が各国で進むなか、太陽光パネルに続き風力発電機でも中国勢が市場を席巻する可能性がある。

上海市から北へ約300キロメートルの沿岸都市、江蘇省塩城市にあるゴールドウインド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1602文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン