/

ユーザベース、米メディア子会社売却、梅田CEO辞任

ニュースアプリ「ニューズピックス」を運営するユーザベースは9日、米子会社クオーツメディアを売却したと発表した。2018年に7500万ドル(当時の為替レートで82億円)で買収したが、広告面で苦戦し収益を改善できなかった。責任を取って、創業者の梅田優祐最高経営責任者(CEO)が辞任する。

クオーツは経済、金融ジャンルのニュースメディア。同社の現CEOが設立した会社に、ユーザベースが全株式を譲渡した。売却額は非開示。事業撤退に伴い、20年12月期決算で88億円の特別損失を計上する。クオーツ買収を主導した梅田氏はCEOを辞任し、稲垣裕介最高執行責任者(COO)が21年1月1日付でCEOに就任する。

クオーツは赤字が常態化していた上、新型コロナウイルスの影響で広告収入が激減した。20年1~6月期の同事業の売上高は5億4千万円と前年同期比で57%減、EBITA(利払い前・税引き前・償却前利益)は12億円の赤字だった。

ユーザベースは「有料会員は増えているが、『3年で黒字化』という買収時の目標を達成できない見込みが高まった」と撤退の理由を説明。ニューズピックスや企業向けデータサービスなどの既存事業に経営資源を集中する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン