/

石橋貴明氏らのユニットの曲、山形県の応援ソングに

とんねるずの石橋貴明さんとテレビ演出家のマッコイ斉藤さんが作った音楽ユニットの曲が、山形県の「応援ソング」になった。曲は斉藤さんが生まれ育った同県内の地名や特産品が歌詞に入り、10月1日にインターネット上で発表すると話題となっていた。

県庁訪問でやまがた舞子から歓迎を受ける石橋貴明さん(左)とマッコイ斉藤さん(9日、山形市)

音楽ユニットKu-Wa de MOMPE(くわとモンペ)の「Stranger to the city」は、発表直後に県がツイッターで紹介。その後、「お二人のご厚意で応援ソングとしてPRに使うことになった」(県総務部)という。

歌詞にモガミリバー、イモニナベなどが盛り込まれ、斉藤さんの地元、鮭川村で撮影した映像が入る。2人は9日、県庁の吉村美栄子知事を表敬訪問し、石橋さんは「来年、山形でロックフェスティバルをやりたい」と語った。斉藤さんは「新型コロナのなかで、山形だけでなく東北6県を盛り上げたい」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン