/

この記事は会員限定です

岩谷産業、アジア事業拡大へIoTサービス 警報器を活用

[有料会員限定]

家庭向け液化石油(LP)ガスで国内シェア首位の岩谷産業は、ガス漏れ警報器を活用した「IoT」ハブサービスをテコにアジアで事業拡大をめざす。警備や電子決済など外部のネットサービスを受け入れる機能を警報器に加え、家庭向けのLPガス事業拡大の足がかりとする。国内での需要が鈍るなか、新たな市場を開拓する。

「イワタニゲートウェイ」と名付けた仕組みは、屋内のガス漏れ警報器をWi-Fiルーターとしても使う。ガスボンベ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り552文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン