/

バイデン氏との関係構築に期待の声 政府・与党

記者会見する加藤官房長官(9日、首相官邸)

米大統領選で民主党のバイデン前副大統領の当選が確実になり、政府・与党から関係構築を期待する声が相次いだ。加藤勝信官房長官は9日の記者会見で「通商政策をはじめ幅広い政策について緊密な意思疎通を図っていきたい」と述べた。

米国が離脱して発効した環太平洋経済連携協定(TPP)については「米国を含めできるだけ多くの国、地域がTPPに参加することが最善だ。その立場は全く変わっていない」と強調した。

自民党の二階俊博幹事長は記者会見で「菅義偉首相とバイデン氏は日米同盟が果たしてきた役割を共有し、両国がさらに発展するために努力してほしい」と語った。

岸田文雄元外相は国会内で講演し「(トランプ米大統領と比べ)様々な分野で予測可能性は高まるのではないか」と話した。

下村博文政調会長は日本経済新聞の取材に「安倍晋三前首相とトランプ氏は個人的な信頼関係を築き日米両国が結束した。首相とバイデン氏もそうした関係になるよう頑張ってほしい」と唱えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン