/

JMUの4~9月期、2期連続最終赤字 コロナ禍影響

国内造船2位のジャパンマリンユナイテッド(JMU、横浜市)は9日、2020年4~9月期の連結売上高が1042億円と前年同期から16%減り、最終損益が5億円の赤字(前年同期は65億円の赤字)と2期連続で最終赤字となったと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で船の引き渡しが遅れたことが影響した。通期の業績見通しは未定のままとした。

JMUが引き渡したコンテナ船

JMUは今夏、有明事業所(熊本県長洲町)で新型コロナの集団感染が出て造船所の稼働が一時止まり、売上高が減少した。想定外の人件費が出た一方で不採算案件の引き渡しがなくなったため、営業利益は5億円の黒字(前年同期は35億円の赤字)と黒字転換した。一部の事業所で船種を絞っていることもコスト削減につながった。

新型コロナ禍で需要は低迷しているものの、設備のメンテナンスなどの費用を先送りし、最終段階の赤字幅は縮小した。

JMUは12月にも今治造船から3割程度の出資を受け、両社は営業設計の共同出資会社を設ける見通し。このほど日立造船がJMU株約1%をJFEホールディングスIHIに譲渡する方針を明らかにした。12月以降は新たな布陣での戦略を描くことになりそうだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン