/

日ハムのボールパークで温泉、「入浴観戦」実現へ

北海道北広島市で2023年3月に開業する予定の「北海道ボールパークFビレッジ」の建設地の地下約1300メートルで10月、温泉が出たことが分かった。運営するプロ野球の北海道日本ハムは建設中の新球場に温泉施設を備える計画で、8月から採掘していた。

新球場を核としたボールパークの周辺地下は、温泉が湧出する可能性があることが分かっていた。日本ハムは観戦しながら入浴できる温泉施設を新球場の目玉の1つにしている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン