/

この記事は会員限定です

皇位安定継承、年明けに議論再開 女性宮家など選択肢提示へ

[有料会員限定]

政府は8日に秋篠宮さまが皇位継承順位1位の皇嗣(こうし)になられたと示す「立皇嗣の礼」を催した。代替わりを巡る最後の儀式を終え、年明けにも安定的な皇位継承策の議論を再開する。結論は急がず「女性宮家」創設など将来に向けた選択肢の提示をめざす。

政府はこれまで天皇陛下の即位に伴う一連の儀式の準備を優先すると説明し、皇位継承に関する議論は事実上先送りしてきた。

菅義偉首相は4日の衆院予算委員会で「安定的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1001文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン