/

この記事は会員限定です

触覚から広がる世界 肌で感じる不思議な力

NIKKEI The STYLE

[有料会員限定]

私たちは五感で世界とつながっている。目が色を確かめ、耳で音を聞く。鼻の奥で香りを感じ、舌の上で滋味を愛(め)でる。もう一つ、触覚を忘れてはいけない。日本の文化は、肌で感じることを大切にしてきた。その感性はものづくりや日本語の語彙にも表れている。触ることがはばかられる今だからこそ、触覚の不思議な力と楽しさを見つめ直してみたい。

触れること 用の美を生む

江戸時代から続く漆器産地の福島県会津若松市で誕生した「めぐる」は、ことの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4252文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン