/

この記事は会員限定です

非正規の待遇格差だれと比べる? 最高裁の隠れた判断

[有料会員限定]

非正規社員と正社員の間で不合理な格差を禁じた「同一労働同一賃金」を巡る5つの訴訟で最高裁判所は10月、「手当や休暇の格差は不合理」「賞与・退職金なしは不合理ではない」と異なる判決を出した。だが、この結論以外にも重要な判断が隠れていた。非正規社員の処遇格差を誰と比較するかという「比較対象者」と、格差を認定した場合の損害額をどう算定するかという「割合的認定」の2つだ。比較対象者では非正規社員に有利にな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1858文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン