/

この記事は会員限定です

三谷産業イー・シーが化学品加工 環境対策の負担軽減

[有料会員限定]

化学品商社の三谷産業イー・シー(石川県野々市市)は加工ビジネスに参入する。2021年2月に工場を新設し、化学品を原材料とする企業から乾燥や調合といった前処理を受託する。環境などに配慮するESG経営が重視されるなか、前処理に求められる環境対策は厳しくなる。委託で負担軽減につながるとアピールし、26年3月期に売上高1億円を目指す。

三谷産業イー・シーは化学品メーカーから樹脂や薬剤などを仕入れ、繊維や電...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り830文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン