/

この記事は会員限定です

[FT]ミンクから再感染、ワクチンの有効性は

[有料会員限定]
Financial Times

デンマークで最大1700万匹のミンクのガスによる殺処分と焼却が進むなか、専門家の間では、人から動物に感染して再び人にうつる新型コロナウイルスの変異種の危険性について議論が高まっている。

新型コロナはコウモリが自然宿主で、2019年末に中国で別の動物、恐らく哺乳類のセンザンコウを介して人に感染したと考えられている。

しかし今、デンマーク当局が新たな警鐘を鳴らしている。人からミンクにうつった新型コロナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2460文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン