/

この記事は会員限定です

コマツ、固定費削減で備える鉱山の冬

証券部 南畑竜太

[有料会員限定]

コマツがリーマン・ショック時以来となる採算改善活動に動き出す。主な対象は資源安の打撃に苦しむ鉱山機械部門。約3000億円を投じた3年前の米社買収で、固定費が高止まりしており、全体の収益の足を引っ張っている。ESG(環境・社会・企業統治)の流れもあり石炭など鉱山関連需要の先行きは不透明感が増すばかり。生産拠点の再編などを急ぎ、冬の時代の長期化に備える。

コマツは10月下旬、2021年3月期の連結純利益(米...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1758文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン