/

この記事は会員限定です

資産寿命延ばす「2つの財布法」 預金と運用使い分け

[有料会員限定]

コロナ下で資産運用を始める人が増えている。日本証券業協会によると、証券会社で株式や投資信託の取引に使う特定口座の数は2020年6月に2824万と、1年前より10%増えた。一方で、意外に考える機会が少ないのが「築いた資産をどう使うか」という資産の「出口戦略」だ。資産運用の目的として多くの人が挙げるのが、老後資金の準備。長引く老後に備えて資産の寿命を延ばすため、最近、新しい出口戦略が提案されている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2127文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン