/

[英文]フィリピン、「モール」経済圏が試練

フィリピン人の生活にとって大きな存在を占めてきたショッピングモールが新型コロナウイルスで打撃を受けている。常夏で知られる同国では、エアコンの効いたモールは小売店だけでなく、レストランや銀行、病院まで揃う「ミニ経済圏」。地元の大手財閥が開発を競ってきた。しかし外出自粛で消費は停滞。さらにオンラインショッピングへの移行も加速し、今後も人手が完全に回復する可能性は低いとの見方が出ている。(記事の続きは以下のバナーから英文でお読みください)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン