/

この記事は会員限定です

中国、米の対中強硬継続警戒 制裁緩和は限定的か

[有料会員限定]

【北京=羽田野主、多部田俊輔】中国はバイデン氏が米大統領に就任しても、中国への強硬路線が大きくは変わらないとみている。バイデン氏は欧州や日本と連携して通商問題で中国に圧力をかける方針とされるうえ、香港や新疆ウイグル自治区での人権問題にも関心が強いからだ。米国による中国企業への制裁措置の緩和も限定的ではないかとみている。

バイデン氏の当選確実が伝わった直後、菅義偉首相や欧州各国の首脳は相次いで祝意を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1215文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン