/

バイデン氏演説に数千人 「分断促すトランプと正反対」

(更新)
7日夜、バイデン氏の勝利演説に沸き立つ支持者ら(デラウェア州ウィルミントン)

【ウィルミントン(デラウェア州)=後藤達也】民主党のバイデン前副大統領が7日夜、当選が確実になって以降、初めて支持者の前に姿を現した。トランプ氏の攻撃的な演説とは対照的に、分断が指摘される国民間の融和と米国の再構築を約束した。会場周辺には数千人の支持者が集い、歓声が響き渡った。

副大統領候補として選挙戦をともにしたハリス氏がバイデン氏を紹介。バイデン氏が小走りで登壇すると、場内は拍手と歓声に包まれた。勝利が確定していない前日までは5分前後、淡々と聴衆に語りかけたが、この日は約20分、次第に語気を強めながら米国の融和を訴えた。

コロナ対応で入場規制もあり、会場近くの駐車場にも数千人の支持者が集まった。ほとんどの人がマスクを付けていたが、肩が触れ合うほどに密集。「USA!」や「ウィ・ラブ・ジョー」などと歓声が飛び交った。

地元デラウェア州ウィルミントンの人だけでなく、遠方からも大勢が集まった。

メリーランド州ボルティモアから駆けつけたダンさんは「分断を促すトランプ氏とは正反対の演説だった。バイデン氏の話は科学と事実に基づいている」と語った。ワシントンから訪れたキャリーさんは「民主主義と米国を再生する大切な瞬間。この場所に来たかった」と話した。

郊外から訪れたデレックさんは「バイデンは我々全ての未来のための人だ。歴史が変わる瞬間を息子にもみせたい」とバイデンと書かれたプラカードを子供と共に掲げた。

米大統領選

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン