/

豪・NZ首相も祝意「インド太平洋で協力」

ニュージーランドのアーダーン首相はバイデン氏に祝意を表明した(写真は10月)=ロイター

【シドニー=松本史】米大統領選でジョー・バイデン前副大統領の当選が確実となったことを受け、オーストラリアのモリソン首相とニュージーランド(NZ)のアーダーン首相は8日、それぞれ声明を出し、祝意を表明した。

モリソン氏は「世界は新型コロナウイルスへの対応や、自由で開かれたインド太平洋地域の維持など多くの課題に直面している。米国のリーダーシップが不可欠だ」と指摘した。そのうえで「バイデン氏やその政権と協力することを楽しみにしている」と述べた。

アーダーン氏は「インド太平洋や島しょ国の繁栄や安全保障など、重要な問題に米国と共に引き続き取り組んでいく」とした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン