/

東京ドームでも新技術検証 屋内アリーナのコロナ対策

プロ野球巨人などは7日、東京ドームでのヤクルト戦で、入場者の上限を8割程度に引き上げ、2万6649人の観衆を入れて球場内外の新型コロナウイルス感染対策と来場者のプライバシー保護を両立させるための新技術を試験した。新技術で取得したデータは東京五輪・パラリンピック組織委員会、政府や東京都などと共有して屋内アリーナでの感染対策に役立てる。8日も実施する。

場内に設置したカメラの映像から個人が特定されないような形で人の流れを可視化するシステムのモニター(7日、東京ドーム)=共同

場内カメラの映像から、個人が特定されないような形で人の流れを可視化。二酸化炭素濃度の計測や近距離無線通信「ブルートゥース」の電波を、場内約100カ所に設置した受信機を利用して混雑状況を正確に数値化する。

新型コロナの感染対策を検証するため、入場者の上限を8割程度に引き上げて行われた=共同

球場外での感染リスクを検証するため、携帯電話の発信地などから来場者が入場前と退場後に球場周辺で立ち寄る場所を解析。対話アプリLINE(ライン)を使って来場者へのアンケートを行い、観戦翌日からの健康状態を尋ねる。

同様の検証は10月30日から11月1日まで神奈川県やDeNAなどが横浜市の横浜スタジアムでも実施した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン