/

この記事は会員限定です

コロナ、重要性増す財政の役割 米欧は独立機関が分析

[有料会員限定]

政府の財政支出が適切かを検証する「独立財政機関」が米欧で存在感を増している。新型コロナウイルスの感染拡大で、雇用の下支えなどに財政の役割が重要になっているためだ。独立機関がない日本は先進国で少数派で、経済界からは設置を要望する声が上がる。

「国難なので財政支出は必要」。経済同友会の桜田謙悟代表幹事は4日の記者会見で強調した。そのうえで「ワイズスペンディング(賢い支出)を徹底すべきだ」と指摘した。コ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り938文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン