/

「全ての票を数えろ」若者らホワイトハウス前で抗議デモ

【ワシントン=白岩ひおな】米大統領選を巡りワシントンのホワイトハウス前で6日、激戦州での集計の不正を主張する共和党のトランプ米大統領に抗議する数百人規模のデモがあった。「全ての票を数えろ」「トランプとペンス(副大統領)は今すぐ出て行け!」などと叫び、開票差し止めなどを求める訴訟や結果確定の遅れに不満をあらわにした。

デモには民主党のバイデン前副大統領を支持する20~30代の若者が多く参加した。メキシコ出身のジェニファー・ロメロさん(23)は「ペンシルベニア州などでのトランプ氏の行動は、人々の投票の権利を脅かすものだ」と指摘。「新型コロナウイルスの感染拡大で人々の命が脅かされている。いつまでも選挙を長引かせず、移民や多様な人種の人々の支援を進めてほしい」と語った。

ホワイトハウス前には多数の警察官も駆け付け、デモを見守っていた(6日、首都ワシントン)

食品スーパーで働く黒人男性、マイク・フリーマンさん(28)も「最前線で働くエッセンシャルワーカーや、今も仕事がなく苦しんでいる人々がいる。新たな政権を早く発足させて、人々の生活を守る政策を実現すべきだ」と訴えた。

デモに大きな混乱は見られなかったが、多数の警察官が駆けつけ、周辺の交通整理や警備にあたった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン