/

この記事は会員限定です

マツダ悩ます電動化 新型車、投入延期相次ぐ

[有料会員限定]

マツダが新型車の投入を相次ぎ延期している。10月、同社の代名詞でもあるロータリーエンジンを活用する電動車の投入時期が想定よりも2年遅れると発表した。比較的大型の車種の新商品群の発売も1年強延ばす。ノウハウの乏しい電動化技術の開発に手間取っていることが響いている。

9日には2020年4~9月期決算を発表する。電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)など電動化シフトが世界で加速するなか、電動化の足踏みは大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1794文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン