/

この記事は会員限定です

うめきた2期、屋外広場で働き方やAI実験 24年実用化へ

[有料会員限定]

JR大阪駅北側の再開発エリア「うめきた2期」予定地で屋外広場を活用した実証実験が始まった。うめきた2期は中心部に公園や広場を整備し、イノベーション創出を後押しする。実験内容は屋外での柔軟な働き方やイベントでのロボット活用などで、2024年の先行まちびらきでの実用化を目指す。

うめきた2期地区の西側に張り出した約2300平方メートルの広場「うめきた外庭スクエア」。建機レンタルの西尾レントオールが10月、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り993文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン