/

50年脱炭素へ「研究開発を長期間支援」 官房長官、成長戦略会議で

政府は6日、成長戦略会議(議長・加藤勝信官房長官)を開いた。温暖化ガスの排出量を2050年までに実質ゼロにする目標に向けた施策を議論した。加藤氏は「具体的な目標数値を定めた研究開発を加速度的に促進するため、長期間にわたる支援を図っていく」と述べた。

加藤氏は重点分野として再生可能エネルギーや水素などをあげた。「温暖化対策は企業にとってコストではなく競争力の源泉だ」とも述べ、税制や金融支援も検討する方針を示した。

菅義偉首相は所信表明演説で50年に温暖化ガスを実質ゼロにする目標を掲げた。成長戦略会議を具体的な削減策を議論する場の一つとし、年内に中間とりまとめを示す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン