/

宮崎でMaaS実験スタート、JR九州など

宮崎県内でMaaSの実証実験が始まった(宮崎駅前での記念式典)

JR九州と宮交ホールディングス(宮崎市)、宮崎トヨタ自動車(同)などは宮崎県内で次世代移動サービス「MaaS(マース)」の実証実験を始めた。専用のスマートフォンアプリを使えば、利用者は目的地までの最適な交通ルートや手段を検索し、乗車券の予約や決済もできる。

20日に開業する宮崎駅西口前の大型複合商業施設「アミュプラザみやざき」前で開かれた記念式典には実証実験実行委員会の関係者ら30人以上が出席した。JR九州の青柳俊彦社長は「アプリでは地元の観光やイベント情報も手軽に知ることができる。ぜひ使ってもらい、ご意見をいただきたい」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン