/

この記事は会員限定です

コロナ禍の上昇、二極化進む 日経平均29年ぶり高値

(更新) [有料会員限定]

6日の東京市場で日経平均株価が29年ぶり高値をつけた。投資家はコロナ禍で世界経済が不透明な中、世界シェアの高いグローバル企業やデジタル化で事業環境の変化に対応する企業に資金を投じる。旧来型から抜け出せない企業との二極化は進む。金融緩和に頼る構図は否めず、企業が一段と稼ぐ力を高めることが上昇持続の条件となる。

日経平均は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、一時1万6552円と昨年末比30...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1156文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン