/

この記事は会員限定です

家電でプログラミング教育 パナソニックが新潟で実験

[有料会員限定]

パナソニックはプログラミングで制御できる家電を教育現場で活用する試みを始めた。第1弾として、クッキーを焼く時間や温度を生徒がプログラムする実証実験を、新潟市内の中学校で実施。教材として実用化するための課題や改善点を洗い出し、他の学校での活用を検討する。

6日、新潟市立光晴中学校で全国初の「プログラミング家電」を用いた授業が実施された。授業ではプログラミングで制御できる「スクラッチトースター」と、制御用のパソコ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1053文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン