/

この記事は会員限定です

窮した売り方の個人、レバETFに巨額逆日歩

証券部 二瓶悟

[有料会員限定]

日経平均株価が終値ベースで1991年11月以来の高値を更新した。米大統領選を通過し、不透明感が払拭されたと判断したファンド勢などの資金が先物を中心に流れ込んだ。混乱の長期化を見越して空売りを仕掛けていた個人投資家は翻弄された。レバレッジ型上場投資信託(ETF)で生じた巨額の品貸し料(逆日歩)はその証拠だ。

「弱気ポジションを組んでいた多くの個人投資家が急速な上げに耐えきれず、買い戻しを迫られている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1148文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン