/

この記事は会員限定です

医師不足地域で人材育成 新潟大地域医療教育センター

[有料会員限定]

2020年発表の医師充足度の指標で全国最下位の新潟県。中でも南東部の豪雪地帯、魚沼地域の医師不足は深刻だ。15年開院の魚沼基幹病院(南魚沼市)では、新潟大学医歯学総合病院(新潟市)が「地域医療教育センター」を併設。両院の連携で実習や研修体制を整え、人材育成の重要な役割を担っている。

センターは大学病院から約40人を特任教員として配置。大学病院で週1回働き、後は100キロメートルあまり離れた魚沼で勤...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り828文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン