/

この記事は会員限定です

福岡―札幌、1400キロ離れテレワーク ヌーラボの挑戦

[有料会員限定]

IT(情報技術)スタートアップのヌーラボ(福岡市)に10月、札幌市在住のエンジニアが入社した。同社に北海道の拠点はないが、エンジニアは引っ越さない。本社から約1400キロメートル超離れたテレワーク前提の採用だ。人材不足解消に向け、同社が打ち出した「勤務地撤廃」は広がるのか。地方企業の挑戦に注目が集まる。

「リモートで働けることで、一気に勤務先の選択肢が広がった」。ヌーラボに入社した荻原利悠大さん(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り988文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン