/

富山県の石井知事、財政構造赤字解消に手応え

富山県の石井隆一知事は6日、任期満了の8日を前に最後の記者会見に臨んだ。4期16年の県政を振り返り、印象に残る仕事として400億円の財政構造赤字の解消や地方税の偏在是正を挙げた。黒部ダム工事用の輸送路として整備された黒部ルートの観光向けの一般開放にも手応えを示した。

石井知事は6日、富山市で最後の記者会見に臨んだ

富山県の将来については北陸新幹線の大阪延伸に期待を寄せた。石井知事は「(東京、大阪、名古屋の)三大都市圏と近くなる。歴史、文化、自然もあり素晴らしく飛躍できる県だ」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン