/

大阪屋ショップ、富山青果センターを買収

スーパー運営の大阪屋ショップ(富山市)は6日、青果卸の富山青果センター(同市)を子会社を通じて買収したと発表した。県内で青果の生産が限られるなか、買収により野菜と果物の安定調達につなげる。買収額は非公表。

青果の安定調達につなげる

仕入れ調達や物流を手掛ける子会社「アイディック」(富山県射水市)が富山青果センターの全株式を取得した。大阪屋ショップは「両社の物流機能の一本化でコスト削減効果も期待できる」と説明する。富山青果センターの2020年3月期の売上高は約100億円。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン