/

この記事は会員限定です

家庭用ゲーム6社の21年3月期 「巣ごもり」で3社が営業益最高

実店舗は苦戦、「スリム化」の動きも

[有料会員限定]

家庭用ゲームソフト大手6社の2021年3月期はソフトを中心に手掛ける3社の営業利益がそろって過去最高を更新する見込みだ。新型コロナウイルス禍の影響で、家でゲームを楽しむ「巣ごもり需要」の恩恵が大きい。一方、ゲームセンターなど「リアルエンタメ」を手掛ける企業は総じて厳しく、施設削減や人員配置の見直しなどを迫られている。

スクウェア・エニックス・ホールディングスは6日、それまで未定としていた2021年3月期の連結営業利益が前期比22%増の4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1173文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン