/

この記事は会員限定です

建設工事単価が下落 鉄筋4%安、鉄骨2割安の声も

工事計画見直し相次ぐ 鋼材値上げ、浸透遅れも

[有料会員限定]

鉄筋の組み立てや鉄骨加工など建設関連の工事単価に下げ圧力が高まっている。東京都心部の再開発工事が一服、新型コロナウイルス禍も重なり建設需要が減った。受注競争が厳しくなったゼネコンが採算悪化を防ぐために施工業者への発注単価を引き下げる事例も出てきた。鉄筋や鉄骨の価格に影響が及ぶ可能性がある。

建設物価調査会(東京・中央)によると、鉄筋の切断や建設現場での組み立てといった工事の東京地区の市場単価(RC...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り899文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン