/

この記事は会員限定です

仙台市、老朽化ビル建て替え急ぐ 企業誘致へ助成拡充

[有料会員限定]

仙台市が中心部の旧耐震基準で建設された老朽化したビルの建て替えを急いでいる。10月に発表した推進策の第2弾では助成措置を拡充し、企業の動きを後押しする。新築のビルを増やすことで情報通信やスタートアップなどを誘致し、雇用創出や産業の活性化につなげる。

「ICT(情報通信技術)企業などの誘致に弾みをつけたい」。10月、仙台市中心部にコールセンターの設置を報告した楽天モバイルの山田善久社長に、仙台市の郡...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1017文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン