/

この記事は会員限定です

Shopify旋風と雇用 Amazon天下に揺さぶり

本社コメンテーター 村山恵一

[有料会員限定]

2020年7~9月期決算で、米アマゾン・ドット・コムは4割近い増収と好調だった。ずっと規模は小さいが、売り上げ倍増とアマゾンをしのぐ勢いで成長したのがカナダの電子商取引(EC)システム会社、ショッピファイだ。

いかに雇用を創出して経済再生につなげるか。いま多くの国で政府が直面する課題だ。この難問を考えるとき、新興ショッピファイと巨人アマゾンの動向はがぜん興味深いものになる。

ショッピファイの創業は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1915文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

村山 恵一

IT(情報技術)、スタートアップをカバーする。シリコンバレー駐在時には、iPhone投入で絶頂期を迎えたジョブズ氏率いるアップルを取材した。編集委員、論説委員を経て2017年2月より現職。近著に「STARTUP 起業家のリアル」。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン