/

この記事は会員限定です

トヨタ、国内販売7万台上積み 通期145万台に SUV好調で

[有料会員限定]

トヨタ自動車は6日、2021年3月期の国内販売(トヨタ・レクサス合計)を145万台とする見通しを明らかにした。前期に比べると9%減るが、8月時点の見込みから7万台引き上げた。売れ筋の多目的スポーツ車(SUV)を中心に「ハリアー」や「ヤリスクロス」といった新型車を相次いで投入し、収益を回復軌道に乗せる狙いだ。

国内需要が縮小するなか、トヨタの販売は市場平均を上回る勢いで戻っている。20年4~9月は前年同期比18...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り680文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン